読者の心に刺さる記事執筆|ウェブライティングの基礎

ブログやSNSといった場で発信活動を続ける人は誰しも読者の心を動かしたいと思うものだと思います。心が動けば読者は行動といった形でアンサーを返してくれます。

どういう記事を書けば読者の心をつかむことができるのでしょうか?
この問いの答えの一つは「読者に刺さる記事の3原則」で再現することができます。

読者の心に刺さるウェブライティング3原則
  1. 主張
  2. 理由
  3. 具体例

以上の3点を意識することが大切です。

読者の心に刺さる記事執筆|ウェブライティングの基礎

まずこの3原則を最大限に発揮するために「誰に」むかって記事を書くのか明確にする必要があります。

誰に向けての記事なのかわからない以上は主張もぼやけ、理由の方向性も決まらず、具体例を挙げることが難しいからです。

では、「誰に」向けて書くことがベストなのでしょうか?
答えは「過去の自分に向けて」書くことです。

少なくともあなたがこの記事を読んでいるということはウェブ上で何らかのアクションを起こすために必要な情報を探していてたどり着いたわけです。そのアクションをしたことで得た答えから導き出した主張をすることで記事の質は各段に上がっていきます。

なぜならその発信とは、あなたがアクションを起こしたことによって得た生の情報だからです。
多くの人に刺さる文章を書く必要はありません。

行動を始める前のあなただけ響くような「主張」をし、なぜならという「理由」のべ、その「具体例」を示してあげましょう。

これがいわゆるペルソナモデルの作成というやつです。

過去の自分にしっかりと主張を届けられるようになればペルソナを変えることでいろいろな人にリーチできるようになります。

読者に刺さる主張

主張を決めることはわりかし簡単です。
あなたがペルソナに対して伝えたいことを単純明快に話せばいいからです。

無理に型にはまったきれいな文章を書く必要はありません。
あなたの心の声をそのまま文章にしましょう。

読者に刺さる理由

理由を述べるには、少しテクニックが必要かもしれません。
あなたの思いを主張で伝えたのでなぜそう思ったのか、そうすべき理由をシンプルに伝えたうえでその根拠を示す必要があります。

この根拠(エビデンス)は、科学的なものや統計的なものなど信頼するに足るソースがあることが好ましいです。影響力のない初期の段階では論文やインフルエンサーの発言をうまく利用しましょう。

自分に影響力がでてきて多くのファンを獲得することができているのであればSNSのアンケート機能などを使うことで独自の統計をとりそれをエビデンスとして使うことも可能になります。

読者に刺さる具体例

具体例を出すことがもっとも難しそうに感じますがそれは間違いです。
あなたが経験したことを包み隠さず話すことで強烈で特別な体験談でなくとも読者は具体例に自分を重ねあなたの記事を最後まで読むことになるでしょう。

ここで一番やってはいけないことは「失敗を隠す」ことです。

読者はだれもあなたが完全無欠のスーパーマンでやることなすことすべてがうまくいくことを望んでいるわけではありません。

むしろ失敗を経てあなたがどのようなアクションをしたのか?
そういった生の情報のほうが読者の心に刺さる文章になりでしょう。

まとめ

あなたが失敗をすればするほど、そしてそれを乗り越えれば乗り越えるほど良い文章は生まれてくるので失敗を恐れず挑戦し、挑戦したら必ずそれを記事にしましょう。

読者は、画面の向こうにいる一人の人間であると言ことを忘れずにそして読者の心に刺さる3原則のルールを守り記事を書いてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事