副業初心者必見!インターネットビジネスの特徴を理解しよう。

インターネットで副業を始めようと思った場合に多くの人はテクニック部分を学ぼうとします。それは大きな間違いでインターネットビジネスの特徴を理解せずに商品を売ろうと思っても簡単に挫折してしまいます。

まずは圧倒的にインターネットビジネスの本質を学ぶことが先です。
こうした正しい知識を身につけることで「簡単に〇ステップで毎日〇分だけ!」というような詐欺みたいな情報に引っかかることがなくなります。

これは僕がインターネットビジネスを始めるにあたり200万以上の教材を購入し得た教訓です。
時には6カ月30万するような塾にはいっては成果がでず挫折を繰り返した僕の汗と血涙の結晶です。

それでは、さっそくインターネットビジネスの特徴を学んでいきましょう。

インターネットビジネスの特徴|メリットを理解しよう。

インターネットビジネスの特徴 メリット
  • 大きな資本が必要ない
  • 店舗が必要ない
  • 地理的な不利がない
  • 購入者情報を取得できる
  • メールを使うことで1の労力で多勢に情報を配信できる
  • 広告を効率よく利用することができる

インターネットビジネスをはじめる場合のメリットは上記6点です。
ひとつひとつ解説していきます。

大きな資本が必要ない

インターネットビジネスでは基本的に大きな資本は必要ありません。
広告費を使ったりする場面では資本があることに越したことはありませんがリアルビジネス(実店舗型)のように店をかまえるだけで数百万円、そのほかにラーニングコストを計算し最低でも6カ月くらいは収益がなくても店舗を回せるような資金をさらに数百万と用意する必要がありません。

インターネットビジネスで必要になるものは

  1. パソコン
  2. インターネット回線
  3. サーバー(月1000円程度~)
  4. ドメイン(.Com取得の場合数百円~3000円+年間の更新費)

この程度から始めることができます。
無料のブログサービスを利用する場合は、パソコンとインターネットがあればとりあえずスタートを切ることは可能です。

店舗が必要ない

こちらも「大きな資本が必要ない」と同じ理由で基本的にパソコンとネット環境が整っていれ場所に縛られず活動をすることが可能です。

いわいるノマドワーカー的にカフェや自宅でも開業可能なため初期投資や家賃が必要ありません。
インターネットビジネスは圧倒的に参入障壁が低いのが特徴です。

地理的な不利がない

僕はいま岩手県のド田舎で情報発信をしていますがネット世界では立地によって不利益を被ることはありません。たとえ東京の中心だろうが世界の果てだろうがパソコンとネット環境さえ整っていれば同じ条件で情報発信をすることが可能です。

これは日本にいても世界中に情報を届けることが可能ということです。
なので世界中に商圏が広がるため 超絶ニッチな商品でも利益を得ることが可能になります。

購入者情報を取得できる

インターネットビジネスでは購入者のメールアドレスや氏名、住所などの個人情報を販売時に取得することができます。

これがどういうことかというと新商品を販売する際などに一度同じジャンルで商品を購入している興味のある人に直接リーチすることが可能です。

一度商品を購入したら終わりではなく、同じジャンルの商品であれば購入の可能性が高い顧客として何度でもアプローチすることができます。

DMを無料で配信できる。

DM(ダイレクトメール)は実店舗であればはがきやチラシといった紙媒体で周辺地域の住民にランダムで配布するといった非常に非効率的な方法をとることになります。一枚数円の印刷物とはいえ興味があるかわからない人にまでアプローチする必要があります。

半数以上は読まずにゴミ箱に入れられるか子供のラクガキ用紙として重宝されるかでしょう。
しかしインターネットビジネスでは、購入者情報から無料のメールでアプローチすることができます。

メールを1通書いてしまえば1人に送るのも数百人~数千人に送るのも労力は変わりません。
※有料のメルマガ配信スタンドを使用する場合、月々数千円のコストが必要になります。

広告を効率よく利用することができる。

広告出稿、効果測定が簡単にできるため短時間で効率的な広告出稿を行うことができます。
広告を出稿可能なFacebookやGoogleといったプラットフォームは広告出稿や効果測定のツールを用意しているのでそのツールを利用することで簡単に効果測定などが可能です。

効果測定の結果をみて広告の差し替えやリライトを行うことで広告自体のクオリティを上げることができるので収益化には欠かせない要素になります。

インターネットビジネスの特徴|デメリットを理解しよう。

<strong>インターネットビジネスの特徴 デメリット</strong>
  • HPへの来訪者は簡単にページを閉じることができる
  • 訪問者・購入者の顔が見えない
  • 大手ライバルとも同じ土俵で勝負しなければない

メリットばかりに目が行ってもインターネットビジネスの本質を知ることはできません。
デメリットについても理解することでより効率的なビジネスライフを送ることが可能になります。

HPへの来訪者は簡単にページを閉じることができる

HPや記事ページに来訪したユーザーは自分の検索意図に反したページであればすぐさま離脱することができます。

実店舗であればせっかく来たのだから少し店内をみて何かの拍子に商品を購入する可能性が残されていますがネット上ではユーザーが求めていない記事内容であればボタン一つで簡単に離脱されてしまいます。

対策として検索キーワードの本質を理解しユーザーの疑問を的確解決するコンテンツを作る必要があります。

訪問者・購入者の顔が見えない

こちらもネットならではのデメリットの一つです。
ユーザーが今、どのような感情でページを訪れているのか顔が見えないために一人一人のニーズのあった答えを即座に返すことは難しいです。

解決法としてはページ内、もしくはサイト内に網羅的なコンテンツを用意しすべての疑問が解決できるウェブサイトを目指すことです。

大手ライバルとも同じ土俵で勝負しなければない

ネットビジネスにおいて最大の問題点といっても過言ではないでしょう。
初心者だろうが上級者もしく大手企業だろうが同じフィールドで戦うことを余儀なくされます。これはインターネットビジネスの参入障壁が低いための最大の難点でしょう。

しかし大手や既に大規模なサイトを運営している上級者にできないことをやってしまえばいいのです。
得てして規模が大きくなればなるほど際どい表現は避け大衆に受け入れられる無難なサイトになってしまいがちです。

そこをついてエッジの効いたコンテンツを投入することで企業や上級者とは別のπを拾っていけばそれが収益に結び付きます。

まとめ

インターネット上では楽して稼げるといった情報が飛び交っています。
しかしこれは半分正解で半分不正解と言わざる負えないでしょう。

「インターネットビジネスは仕組みづくりは時間もかかるし今期もいるのでめちゃくちゃ大変だけども一度仕組みが走り出してしまえば割と楽に稼ぐことができる」が正解です。

詐欺のような情報商材を売りつけている人間たちはインターネットビジネスはイージーだと初心者に勘違いさせるような表現を使っていますがインターネットビジネスはシンプルだがイージーではありません。

ここを勘違いして参入してしまう方の大半が何も爪痕を残すことなく散っていきます。
インターネットビジネスはお金を稼ぐための仕事なわけですから本気になれないのであれば参入するのを見送ったほうがいいかもしれません。

しかし本気であればこれほど自分の仕事に対して正当な評価を下してくれる職業はありません!
とても魅力的な職業であることは間違いありませんので本気であれば僕と一緒に真剣に取り組んでいきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事