Brainは新しい知識共有プラットフォーム|運営はスキルハックスの迫佑樹さん

1月30日にリリースされた新サービス「Brain」
新しい知識共有の形を目指す新プラットフォームは安全なのでしょうか?

運営者は、スキルハックスで有名な迫佑樹さん。
MovieHacks(ムービーハックス)の購入者の私としてもこの新プラットフォームは気になるところです。

迫さんの運営するプラットフォームですので間違いないとは思いますがSNS上では賛否が割れているところも気になるとこです。

Brainは新しい知識共有プラットフォーム|運営はスキルハックスの迫佑樹とは?

迫佑樹さんは、現在株式会社スキルハックスの代表取締役です。
会社の名前を関しているサービス「スキルハックス」は迫さんの土壌ともいえるプログラミングの学習サービスとなっています。
ほかにも動画編集に特化した「ムービーハックス」、ブログ運営の「ブログハックス」、ウェブデザインを学ぶ「デザインハックス」などWeb上でお金を稼ぐためのスキル取得サービスを展開しています。

私はムービーハックスの購入者なのですが教材の内容には十分満足しています。
ムービーハックスは69,800円と高額な教材ですが初心者が動画編集のイロハから仕事の斡旋までしてくれるという至れり尽くせりのサービスとなっています。

ネット上ではあまり悪い評判は見かけません。
ムービーハックスもなかなか高額商材の部類なので私も購入する際にいろいろ調べましたがクリーンなビジネスをしている方だなーという印象を受けました。
悪い評判の一部ですがどの教材も基礎的な内容しか書いていないのに高額すぎるっといった批判がありますが実際に教材を購入した私の意見は真逆で基礎的な内容をよくぞここまで体系化して販売してくれているなって思います。

たしかに動画編集をすでにかじっている人からすれば退屈な内容なのかもしれませんが内容についても初心者が動画編集でお金を稼げるようになるまでの教材として売っているのでこれに関しては内容理解をせずに購入した人が情弱だな~と思うしかありません。

てな感じで私の印象としては迫さんは悪い人ではないというイメージです←情弱感Maxですいません笑

知識共有プラットフォームとしてリリースされたBrainは果たして安全なのか!?

さて迫さんについての印象は上記で語った通りですが果たしてBrain自体は安全なのでしょうか?
初動を見る限りは情弱を食い物にする稼げる系情報商材屋さんがばっこしている感じです。

これが果たしていいか悪いかと言われるとかなりグレーゾーンですが、、、
「Brainの稼ぎ方」と称した商材が販売され中身はその稼げる系商材を紹介しましょう!という結構お粗末なもの。

しかしこれが結構な勢いで売れちゃってます。
新プラットフォームに期待してあつまった人間を見事に情弱ホイホイしている巨匠たちがいるんですね。笑

まぁ。購入者側もすこし考えればこの仕組みには気づくと思いますし妄信的に信じて行動しても先行者利益で当分の間は小銭を稼げると思います。

ただこの商法の恐ろしところはその「稼げます商材」を買った人たちがさらに売ることになるため実際の内容で評価がつくというよりも売りやすい商材にするために購入者が率先して高評価をつける点にあると思います。

ようはBrainの存在意義をぼやけさせるような商材が初動ではバンバン売れちゃってるってことです。

一方でブログ運営で有名なマナブさんはご自分のサイトで売っている内容と同じものを同じ値段で販売しています。

僕は普通にマナブさんのサイトから購入したので今からBrainで購入してアフィリエイトできる方がうらやましいです。なんならBrainで再度購入しようか検討するレベルです。笑

アフィリエイト報酬でマナブさん入る収入は目減りすると思いますがそれでも同じ値段で売っているあたりがBrainの信念を理解したうえで参入していてスマートだなっと感じます。
こういった教材を世に広める役割を担うのであればBrainはとても良いプラットフォームになると思いますし、アフィリエイターとしてもありがたいです。
しかし情弱ホイホイを推奨するようであれば残念な結果に終わる可能性もあるでしょう。

この新プラットフォームの波に乗って稼ぐなら間違いなく今のタイミングだと思いますがお粗末な教材をアフィリエイトしてしまうと自分の価値を落としかねないので注意が必要でしょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事